負債のある場合も財産分与をするのですか?

負債=ローンなどが考えられますが、これは財産分与の際は夫婦共に分担させられますので、負債も財産分与になります。
離婚の際は資産と負債が財産分与になるますが、負債が対象になるかどうかはケースによります。
ですが夫婦間で負った負債は基本的にお互いに分けられます。

但し、ギャンブルで夫が勝手に負債した借金などは含まれません。
これは自己責任です。
共同生活には関係ありません。
あくまで自宅のローンで共に「生活」をしていたかが対象になります。

つまり逆もあります。
男性はギャンブル等で作った借金は妻が支払わなくて構いません。
女性の場合は、自分の服、化粧、夫婦間で必要ないものをカードなどで買った借金に関しては男性側は負担しなくていいケースもあります。

これは色々な例が考慮された結果ではありますが、一概に全てではありません。
自宅のローンに関することが多いです。

また他の財産分与も軽く理解を深めておきましょう。
自宅、家具、年金、現金等が対象です。
結婚生活中に購入したものは大抵対象になります。

対象にならないのは結婚以前のものです。
お互いの財産に関しては結婚以前のものは含まれません。

また離婚はどちらかに原因があるので成立するのですが、慰謝料よりも財産分与がトラブルになりますので気をつけて下さい。
話し合いでは解決できない場合は面倒だと感じずに、費用を少しでも払って弁護士を雇って済ませましょう。

ですが離婚をする以上は最後ぐらい話を綺麗に済ませることが一番だと思います。
互いにいがみあわないように多少は思いやりを持ちましょう。
離婚後の新しい生活は共にスタートしていくわけですから、互いに思いやりをもって話を済ませたほうがいいと思います。

また冒頭で話しましたが相手の借金もどのようなものから出ているのかなどは互いにしっかりと証明できるようにしておきましょう。
それが出来ない場合は相手側の言い分が認められたり、関係ないものまで分担されてしまいます。
相場も異なりますが財産分与は結婚期間中のものが対象となりますので、借金関係もしっかりと確認をとっておくようにしましょう。
参考にして下さい。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.