慰謝料と財産分与の違いは何ですか?

慰謝料と財産分与の違いがどういったものかというと、まず慰謝料についてですが、離婚の原因を作った方、例えば浮気が原因で離婚となった場合は浮気をした有責者が支払うという形になるでしょう。
まずこれが慰謝料の簡単な形となっておりますが次に財産分与はどうなるのかというと、財産分与の場合は婚姻中に作られた財産を2人で分けるというものになりますので管理している方が支払うという形になります。

財産分与の対象は不動産や車、貯金、株などが対象となりますが、一番わかりやすい貯金で例えると、この彫金口座が嫁の名義だった場合、財産分与の分を嫁が夫に支払うという形になります。
これは夫が有責であった場合にも慰謝料とは別のものとなりますので有責なんだから支払わないということは出来ないということを覚えておきましょう。

また、その貯金が婚姻前にされたものでしたら支払う必要はありませんし、貯金の中に婚姻前の貯金も含まれている場合は婚姻してから貯金した分のみでいいでしょう。

それ以外にももちろん知っておいて貰いたいことがありますが、期限となります。
慰謝料と財産分与には請求できる期限というものがあります。
離婚をするまえに慰謝料と財産分与に関する話がなされていればいいのですが、そうでない方もいらっしゃいます。

離婚後に話をせずにいつかすればいいやといった場合に期限を覚えておかないと何もできなくなりますので知っておいて貰いたいのですが、では慰謝料の期限はというと離婚後3年となっております。
そして財産分与の期限が離婚後2年となっております。
この期限というのは調停などに申し入れできる期限となり、もちろんこの期間を過ぎても請求できないという訳ではありませんが、合意しないという方が非常に多いことで今は期限として定着しているという事を覚えておくといいでしょう。

これが慰謝料と財産分与の違いですので是非この点はしっかりと覚えておくといいでしょう。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.