離婚の時の財産分与について

離婚の際は財産分与というものがとても重要になります。

まず、財産分与の対象になるのは共有財産と呼ばれるもの、特有財産などに分けられます。
簡単にいうとしたら、夫婦の共有名義として購入したもの、得たものを含めて全て対象になります。
結婚前に所有をしているものに対しては対象がいになりますので安心して下さい。
つまり、親の財産があるとして、結婚前に相続したものならば財産分与に含まれませんので関係ありません。

財産分与の割合ですが、夫婦の貢献度合いによって違います。
例えば共働きの場合は大抵50%ずつ、どちらかが働いている場合は収入や貢献度合いによって異なりますが、大体7割りと3割程度に分けられます。

離婚をするというのは何らかの理由が重なって行われることだとは思いますが、財産分与は特に深刻な問題として扱われています。
慰謝料よりも大変なのです。
またどちらも言い分などがありますので上手く進まないのも悩みの一つです。
よってとても面倒になりますので弁護士に任せる人もいます。

ただし、何らかの形で離婚をするとはいえ夫婦だったのですから最後ぐらいきちんと話し合い、男性側が多少折れてあげたほうが良いようにまとまるという傾向もあります。
円満とはいかなくても最後はスムーズに話が進む事が一番だと思います。
決まらない場合によっては、家庭裁判所で調停を申し立てる事が出来ます。

勘違いないようにきちんと覚えてもらわないといけないことがありますが、法律としてはとても広い範囲で認められていることでもありますのできちんと抑えるべきポイントを覚えて置いてください。

まず、結婚中の財産は分与するということ、また離婚によってどちらかが生活できなくなる場合は弱者の方を扶養する意味で多少の金額の変動があるということ(ただし最高で3年程度まで)、慰謝料的財産分与があるということ。
これは慰謝料を含む財産分与ということです。

財産の基準は難しいものありますが、離婚の際はとても面倒になる事が多いので気をつけて下さい。
良く話し合い、きちんとトラブルを回避しましょう。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.