離婚で損をしないための財産分与について教えてください。

離婚をしてから財産分与をしますが知っておかないと損をすることが多くあります。
損をしない為にしっかりと財産分与について知っておくといいでしょう。

ではこの財産分与において、まず知っておいて貰いたいのがどうやって決めるかという事にあります。
夫婦間で円満に決めるのもいいですが、やはりどっちかに偏ってしまったりしてお互いに納得いかないところも出てきますし、公正証書がないことが一番重要になりますので、やはりそこは調停の申し立てをするといいでしょう。
調停の申し立てをした場合、きちんと分けられますし、もちろん公正証書も作られます。

では次に、どういったどういったものが財産分与の対象になるのかという事ですが、財産分与の対象となるものは家や土地などの不動産関係、車や絵画、宝石、預貯金、有価証券、退職金、保険金といったものが対象となります。
ただ条件があり全てのものにおいて婚姻中に作られたものという限定があります。
婚姻前に建てた家だったり婚姻前に貯めた預貯金となるとこれは分与対象外となりますので覚えておきましょう。
また、逆に婚姻中にしたローンや借金も分与対象となりますのでその点も把握しておくといいでしょう。

では、この財産分与についての期間ですが、離婚後2年以内となっております。
財産分与すること事態に期限はないのですが、2年というのは調停に申し立てできる期限となります。
調停に申し立てが出来ないとなると相手が合意しない場合はもうそれ以上はどうすることも出来ませんので2年以内に調停を立てておくといいでしょう。
それでしたら相手がいくら無視したところで強制執行力がありますので無視は出来ないでしょう。

このように財産分与に関しまして非常に多くの知っておかなければいけない事があります。
コレを知っているのと知らないのとでは差がでてきますのでしっかりとその差を把握しておくといいでしょう。
その差一つで有利に進められることができるでしょう。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.