子どもの名前で貯金していたものへの財産分与はどうなりますか?

この問題は子供を引き取る側にとっては深刻な問題でもありますが、まず財産分与ということをしっかりと理解してください。
財産分与:民法768条によりますと、対象になるものに関しては結婚生活中に築いたものが対象になるということ、また結婚前のものは対象にならないということです。
夫婦間が協力して形成した資産は確実に該当されます。

この上で今回の事について考えますが、はっきりいいますと、財産分与に含まれます。
また判例によって違いはあるとはいえ、基本的な考えは、夫婦が協力して得た資産で子供の為に貯蓄したものということに該当されるからです。
こればかりは仕方がありません。

ですが、残念なことにならない場合もあります。
弁護士を雇ったり話し合いでは子供の将来の為に使うということを理由に財産分与せずに済む場合もありますので子供の為にしっかりと話し合う事がよさそうでしょう。

また財産分与の際はお互いの資産を調べる事がよいでしょう。
中には隠蔽しているようなケースもあります。
そうなると自分で証明できない場合は財産分与として認められずに相手側の財産となります。
隠し口座や資産がないかは離婚前にチェックしておくほうが良いと思います。
男性でいうならば相手のへそくり、女性でいえば資産を探す事です。

そして2年以内に請求しないとなりませんので裏を返せば離婚をした2年間の間に相手にばれなければ資産を分与しなくていいということです。

このようなルールがあるとういことは覚えておいてください。
実際に離婚の際には本当に必要になってくる知識です。

また円満で離婚できるケースは殆どありません。
自分の資産は自分で保有できるように主張をしっかりと行いましょう。

またポイントがありますが、口論は避ける、話し合いの際は相手を興奮させない、お互いの財産分与は公平に。
これだけ抑えていれば早々トラブルにはなりません。

どちらも多く主張したくなりますが、大抵半分になるものです。
その辺りのポイントを抑えながらもしものときの為に役立ててください。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.