財産分与されない財産なんてあるのでしょうか?

財産分与において財産分与されない財産があるのかというとこれはありえます。
ただ、判断基準が難しい所となりますのでそこをしっかりと覚えておきましょう。

では、まず対象となる財産についてですが、夫婦2人が婚姻中に作った財産のことを共有財産といい、この共有財産は財産分与することが可能になっております。
どういったものか解らないと思う方もいらっしゃいますので例を挙げて説明しますが、まず結婚してから家を建てたという場合でしたらコレは共有財産となります。

また、結婚してから貯め始めた貯金も共有財産となります。
この貯金に関してはいくら子供の為にと言っても共有財産となりますのでその点もしっかりと覚えておくことが大切となります。

では逆に対象外となる財産というのどういった財産なのかというと、結婚前に作られた財産はまず対象外となります。
結婚する為に貯めた貯金などというのは共有財産に含まれませんので覚えておくといいでしょう。

次に結婚前にもらった家財道具なども対象外となります。
このように結婚前に作られたものは基本的に対象外となりえます。

ちなみに、離婚前に別居をしていて別居中に作られたものも対象外となる事があります。

またこれ以外にもあるのかというと、もちろんこれ以外にも存在しておりますが相続財産や贈与財産というものは財産分与の対象外となっております。
衣類などの個人的に使用をするもの、会社経営者でしたら法人会社としての財産は財産分与の対象外となりますのでおぼえておきましょう。

このように対象外となるものは意外と多く存在しております。
財産分与においてはいろいろと知っておくことが多いのですが知っておけばしっておくほどその時に非常に有利にことを運ぶことが可能になります。

また2人の話し合いで分与することを決めるのではなくきちんと調停に申し立てて公正証書を作ってもらうことをオススメします。
法的な効力を持っていたほうがいいでしょう。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.