調停による財産分与の申し立ての手順は?

財産分与に関しましてまず知っておいて貰いたいのですが、財産分与というのは結婚してから離婚するまでの期間において取得した財産、つまり不動産関係や自動車、または貯金などを離婚時に分与することを言います。
この財産分与においての調停申し立ての順序となりますがその前に財産分与において必ずしも調停を介さなければいけないというわけではありません。
夫婦間の話し合いできちんと分与をすることが出来れば問題はありませんが、やはり話がこじれてしまう場合があります。
そういった場合に調停申し立てをするということをまず覚えておくといいでしょう。

では調停を申し立てする際の手順ですが、まず申し立てする際に必要な書類などを用意する必要があります。
どういった書類が必要なのかというと、申立書、申立添付書類、ちなみに申立添付書類というのは夫婦の戸籍謄本や財産に関する資料となります。
さらに収入印紙と郵便切手も必要になるということを覚えておきましょう。

この書類をそろえたら次は申し立てという事になりますが、どこに申し立てをすればいいのかというと、住んでいる地域の家庭裁判所となります。
家庭裁判所に申し立てをしてから話し合いが始まるということになります。
これが財産分与の調停申し立てに関する主な手順となっております。

ちなみにこの財産分与の調停申し立てにつきましては離婚後2年以内にしか申し立てできませんので早めに申し立てをすることをオススメします。

やはり離婚をするのは簡単ですが、離婚をしてからの生活が問題となってくるでしょう。
そういった場合にこの財産分与というのは基調な生活源となるでしょう。
ですので、簡単に理不尽な財産分与内容の場合は許可するのではなく、きちんと拒否をするということをおぼえておきましょう。

もちろん調停が始まってから知っておくといいということもありますのでそういったことも事前にしらべておいてみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.