財産分をを請求できるのはどのような時ですか?

まず財産分与について詳しく知らないとなりません。
民法上定められているのは第七百六十八条の項目です。
これは離婚の際に財産分与請求権が存在しているということになります。

簡単に言うと結婚期間中の財産は全て対象ということです。
離婚した夫婦の間で認められるのですが、土地、家、家具、お金、株などは対象です。
結婚前のものは対象外です。

また財産を偽って隠蔽している場合はそれを証明出来れば財産分与に認められます。
この場合は自分自身で調べないとなりませんので気をつけて下さい。
証拠がなければ認められません。
事前に相手の通帳や書類、証券などをしっかりと抑えておきましょう。
それがあれば請求できる場合があります。

離婚はトラブルが原因によって大抵なりますが、離婚を決めた際に相手側の財産がないかどうかは調べておきましょう。
事前のチェックが絶対に大事です。

また注意が必要なのは熟年離婚の際です。
退職金も当然該当しますので、気をつけましょう。
大抵男性側が働いている場合が多いのでこのケースは良く理解しておきましょう。

年金についても同じです。
財産分与として分けられます。

ここまで財産分与について説明してきましたが具体的なパーセンテージを話しておきましょう。
共働きの場合は折半。
どちらかが働いている場合は割合が6対4ぐらいの割合(変動あり)但し、家庭内でどれだけ貢献したかなども考慮されますので絶対ではありません。

離婚から2年以内が請求が出来ますので、気をつけて下さい。
離婚になった場合どちらもお金が必要になるので、財産分与の主張を行うことになります。

少し多くもらいたい場合はきちんと相手側の隠蔽や財産がないか証拠を集めておきましょう。
話合いで解決できない場合は費用がかかっても弁護士に委託するケースが非常に多いです。

お金が掛らないといえば家庭裁判所に調停を申し立てて行う場合。
このような場を利用してお互いの主張をきちんと話し合う事もあります。

離婚というのは時代の流れ上とても多く耳にしますが、自分がなる場合も考えて、財産分与の際に気をつけてほしいと思います。
参考にして下さい。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.