退職金の財産分与はどうなりますか?

退職金の財産分与についてこれは非常に悩みを抱えている人が多くいらっしゃいます。
退職金の財産分与について知る前にそもそも財産分与というものをしればおのずと答えがわかってくるでしょう。

では財産分与について説明をしますが、財産分与というのは婚姻中に作られた財産が対象となっております。
婚姻中に建てた家、婚姻中に買った車、婚姻中に買った株、婚姻中に貯めた貯金といったようなものになります。
あくまで結婚をされてから離婚するまでの間の期間に限定されるのが原則となっております。

では、このことを頭に入れて退職金の財産分与はどうなるのかという事になりますが、婚姻中に例として旦那さんが退職されて退職金が入った場合、その後に離婚すれば財産分与の対象となっております。
将来的に入る退職金は財産分与の対象となるのかというとその時点で離婚が成立している場合は財産分与の対象とはなりません。
でも婚姻中の積み重なったものが退職金として入るのに対処じゃないのかといったような考えの方も居ますがそれは理想論に過ぎませんので現実的にみて婚姻中にという前提が入るという事を覚えておきましょう。

今では熟年離婚も多く、やはり財産分与のトラブルの一つがこの退職金に対するものとなっております。
もし退職金を財産分与の対象としたいのであれば婚姻相手が退職をするまで我慢をするしかないという事を覚えておくといいでしょう。

ちなみに例えば家などの財産分与をする場合、どうしてもそういったものを分けるという事が出来ませんので金銭で支払うという場合は退職金を押さえておくということは可能になりますのでこの点は覚えておきましょう。

離婚をした後の財産分与においては知っておかないと後でこまってしまうようなことも沢山あります。
ですので財産分与という言葉だけをしっておくのではなく、どういった事ものが対象なのか、どういった流れで財産分与されるのかという事も知っておくといいでしょう。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.