財産分与の対象となるものにはどのようなものがありますか?

財産分与の対象となるものは夫婦間で築いた資産が全てです。
これは結婚生活中から〜離婚したときまでになります。
つまりその際の自宅や家具、現金、車、そのほかの資産などは全てが対象です。

離婚の際は共に主張はあるとはいえ、必ず公平に財産分与がされていきます。
ただし注意としては自宅の場合はローンが残っていたらそれはお互いが負担しなければなりません。

不動産関係の場合は税金が掛る場合があります。
そのようなものを財産分与してしまった場合は税理士に相談してきちんと税金の対策を行ってください。
固定資産税以外にも掛るものがある場合があります。

また仕事をしているしていないによっても財産分与の分けられ方が違います。
互いに仕事をしている場合はどちらの言い分があったとしても基本的には半分になります。
共働き以外の場合は夫婦間の貢献度合いによって資産の財産分与が決まっていきます。
これは相場があるのでどれだけ言い分があってもまず変わる事はよっぽどの理由や証拠が無い限り変わりません。

また結婚前の財産は含まれないということを利用して、結婚生活中に資産を上手く隠蔽してばれないようにするケースがあるのですが、そうなると自分で証明しないとなりません。
離婚を決めた際は必ず相手側の資産を確認すること、証拠を集める事を行った上で決定したほうが良いでしょう。

これは2年間以内であれば財産分与の請求が認められる決まりになっています。
悪用され方によっては2年間隠しておけば認められないので相手側がそのまま保有する形になります。
離婚はお互いがあわないと思ったから別々になるわけですから、夫婦間の資産については「夫婦」であった以上公平に分けないとなりませんから、証拠をきちんと集めるようにしましょう。

そして話し合いで解決しない場合は弁護士を活用することです。
こういうケースは長引いたり、相手側が折れない場合があります。
面倒なトラブルを回避するためには費用がかかっても早急に終わらせてください。

離婚は非常に多くなってきています。
結婚は簡単でも離婚は面倒がつきまといます。
結婚という価値観も改めて考えた上で夫婦を築きましょう。

また何かあれば離婚というのもおかしなものです。
離婚するぐらいなら結婚するなといいたくなりますね。
話がそれてしまいましたが、もしものときの為に役立てれるように理解をしておきましょう!

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.