財産分与と税金の関係について

財産分与には税金が掛るものがあります。
また慰謝料と混同しないためにも正しく理解を深めましょう。

まず慰謝料ですが、これに関してはどちらかが心身に影響する精神的苦痛などがある場合の損害に対する賠償となります。
これに関しては税金はかかりません。

続いて財産分与ですが、結婚をして夫婦になった際に、共に築いてきた財産を2人で分担して清算することになります。
現金、自宅、不動産、株式、金銭以外でも夫婦にとって資産と認められるものはどちらかに受け渡しとなって財産分与がなされます。

またこのような状態の際に、財産分与が資産の譲渡に該当しますので、支払いをする側が譲渡所得というのが掛ってくるのです。
不動産関係に関してですが、この場合の財産分与は、譲渡所得に分類されるので離婚にとなった場合は財産分与の例外にはなりませんので注意してください。

課税に関しては、資産の価値=時価によります。
この時価は不動産関係が多いです。
それ以外の家具や家電類は相場よりも少し少なくなります。
そして不動産関係ですが、財産分与された側にも税金が掛りますので気をつけて下さい。
困った際は税理士などに相談して、きちんと掛る税金の対処を行うのが一番スマートな対応です。

何にせよ、離婚によって財産分与が行われますが、その際は主張をきちんと行いましょう。
話合いがエスカレートした場合は弁護士を役立てましょう。

必ずどちらかが折れて成立となりますので、話し合いが長引いてトラブルになるよりは費用は掛りますが弁護士に介入してもらって早く終わらせるほうがいいでしょう。
話し合いで終わるのが一番良い状態です。
離婚の際はどちらかに非があって慰謝料などの問題も重なるので、中々円満に終わる事はありません。

ですが一度は夫婦として関係を持った以上は最後の話し合いぐらいきちんと行いましょう。
その際のポイントは、主張を明確に、必ず資産の分与は折半をベースに考えること、相手を思いやること。
これが大事です。

面倒なトラブルにならないように速やかに終わらせていきましょう。
参考にして下さい。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.