扶養的財産分与とは何ですか?

財産分与の中でも扶養的財産分与とはどういったものか正しく理解をしておきましょう。

まず離婚によって夫婦生活は解消されますが、解消されたと同時にお互いが個人に生きていく事になります。
離婚後の生活がどちらかが困難になると判断された場合は生活の維持を助けてもらえるように財産分与ば認められる決まりがあります。
これが扶養的財産分与ということです。

この場合は専業主婦がいる場合に多く適用されます。
仕事をしている側は生活や収入が基本的に変動はありません(リストラや収入減少は今は考えません)ですが専業主婦の場合は自立できるまでの生活が保障されていないので、生きていくことさえ困難になります。
このような場合に妻の生活を援助することが公平と判断されるので、必然的に扶養的財産分与という形をしなければなりません。

ですが共働きの場合や、これに該当しない場合は適用されます。
それは判断される際に、離婚した後も生活が不安定にならないというものに該当した場合です。

ですがこれにも注意が必要です。

まず期間があるということです。
必ず期間が設けられるので扶養的財産分与があるとはいっても、確実に仕事をして、生活を安定させていかないとなりません。
決める際には「期間」をきちんと設けられますので覚えて起きましょう。

また具定例としての財産分与は生活費の一部としてみなされる場合が多いです。
扶養的財産分与と財産分与の違いは、財産分与は主に土地や家、現金が対象になり、夫婦として成立した日〜離婚した日までの資産を分けるものということです。
ですが、扶養的財産分与は例え夫婦で築いた資産でなかったとしても離婚後に、収入や相手の状況よっては与えないといけない必要があるということの違いです。

ここに財産分与の種類の違いがあるのです。

基本的にはどちらにしても期間や、資産を分ける際には話し合いがあります。
面倒なトラブルになる事があるので気をつけましょう。

また離婚が増えているのは非常に悲しい問題です。
よっぽどの事があって離婚に至るとはいえ、財産分与を行うというのは悲しい問題です。
もしもがあるかもしれませんので、財産分与の違いについて正しく理解しておきましょう!

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.