財産分与の請求はいつまでできるのですか?

財産分与に関してどういったものかというとコレは離婚をしてから結婚期間の財産を分与するものとなっております。
この結婚期間の財産というのは結婚してからの貯金や不動産、株券などといった財産となるものを離婚後にどう分配するかというものです。
共働きや専業主婦の場合で対比が決まってきますが基本的に半分ずつと覚えておくといいでしょう。

では、この財産分与に関しましてそういった話をせずに離婚をしてしまい財産分与の事を知ったりしたら請求をすることは可能です。
ですがそこでいつまで請求できるのかという疑問が生じますが、これは2年と考えていいでしょう。

最初に知っておいてもらいたいのですが、財産分与自体に期限はありません。
しかし、調停を申し立てる期限が離婚後2年となっておりますのでその期間に財産分与をした方がいいといわれております。

これはどうしてかというと、調停に申し立てをすれば必ず合意をする必要があります。
2年が経過して調停の申し立てが出来ないという事になりましたら個人的に財産分与してもらいたいというしかないでしょう。
そうなると個人間ですので合意しなければもうそれ以上の事は何も出来なくなるでしょう。
そういった意味で2年が期限と一般的にはいわれております。

はっきりいって2年がたって個人的に財産分与をしてもらいたいといったところで合意をしてくれる人というのはほとんどいないかもしくはお人よしのどちらかになるでしょう。
ですので、ほとんど2年が期限を考えていいかも知れません。

財産分与というのは結婚してからの財産となりますのでもちろんどちらももらう権利というものを持っています。
必ず話し合いで決着がつかなければ調停申し立てをするといいでしょう。
また期限ぎりぎりに気づいてしまっても2年が経過していなければ調停を申し立てすることが出来ますので窓口で状況を伝えるといいでしょう。

離婚を考えているのでしたら財産分与に関しましてしっかりと覚えておくといいでしょう。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.