妻の財産がどれくらいあるかわからない時の財産分与

財産分与というのは夫婦生活中、つまり結婚期間通に築いた財産を清算することになります。
家具、土地、不動産関係、現金、など沢山のものが対象になります。
妻の財産が分からない場合は調べる方法をきちんと行わないとなりません。

というのも財産分与は夫婦間で話し合って決めないとなりません。
ですので自分で立証しないとだめなのです。
夫婦という中でも離婚する際は相手の財産の証拠を取らないとなりません。

仮に妻というケースの場合はへそくりも当然該当します。
ですがそれが調べられなければ残念ながら、認められません。
全て自分で確認しないとなりません。
そういうことが一番大事なことです。

また離婚届を出して2年以内なら出来ますが、それを過ぎると請求できないので気をつけて下さい。

話し合いの中でどちらも折れない場合というのは沢山あります。
そういう場合は弁護士を雇いましょう。

ただし、この場合相当お互いにエスカレートしている場合が多いですので、言葉によって中傷しがちになりやすいです。
それを元に慰謝料を取られるケースもありますので、どれだけ怒りがあったとしても、我慢して言葉の発言は抑えておきましょう。
冷静に事を進めたほうが新たなスタートの際は有利です。

慰謝料に上乗せして受け取る方法もありますが、どちらにしても面倒なことは控えましょう。
離婚を決めたときに相手の財産を調べる事、また離婚の原因を作ったほうに非があるので、慰謝料関係はどちらかに偏りますが、財産分与はその際とは少し違います。
共働きで半分ずつ、どちらかの場合は、大抵7:3程度で働いている側が家族貢献ということで受け取れるのが相場になっています。

話合いで決まらないケースが非常に多いですが多い傾向としては男性側が面倒で折れるようです。

また離婚するのですから最後ぐらい綺麗にというと語弊がありますが、スムーズにトラブル無く終わるほうが良いと思います。
よっぽどの事が無い限り言い分は言い合って、財産分与の権利主張を行いながら、お互いが納得行く形で終わらせるようにしていきましょう。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.